終了しました

土師窯 八児紫石茶陶展

初企画!

昭和22年に開窯し、今年72年目を迎える土師窯(はじがま)。
当代 八児紫石(やちご しせき)氏は瀬戸焼にて修行の後帰郷し土師窯で作陶を初め、唐津焼 十三代 中里太郎右衛門氏(故人)に造形や釉薬等の指導を受けて以来、無心に生み出された先人たちの唐津焼は、のびやかで堂々としたフォルムと釉調を生み出しました。
 
飾らず技に媚びないその姿に魅了され、唐津焼に取り組んでおります。
身近にあって邪魔にならず、使うほどに親しみの増す、そんな作品をめざして精進されています。
 
今回は登り窯で焼成した茶碗、花入、水指などの作品、約70点を展示いたします。
なにとぞお足運びいただき、ご高覧ください。

 
◼️ 場所:8階 美術ギャラリー
◼️ 期間:4月16日(火)~21日(日) ※ 最終日は午後5時閉場
 
 

お問い合わせ

《 浜屋の新着情報 》