木具師 橋村萬象展

「令和の菊 末広香合」 275,000円

華甲記念 《縁起物尽》

橋村家は数十代にわたり、御所禁裏御用の「有職御木具師」として幕末まで皇室の御用(檜による曲物など)を賜りました。
東京遷都後、公家の御用を賜りながら「茶器木具師」として茶道後を作り始め(主に秋田杉、吉野杉、尾州檜による曲物など)現在に至っております。
今回は、橋村萬象先生の華甲記念展を開催し、『縁起物』を中心とした作品の展覧・販売会をいたします。
 
◼️ 期間:3月25日(水)~31日(火)
◼️ 場所:8階美術ギャラリー※最終日は午後5時閉場
 

出品商品

茶器・香合・水指・皆具・菓子器・建水・花入など
 


 

令和の梅 茶器

192,500円

綿100%
 

お問い合わせ

《 浜屋の新着情報 》