終了しました

新春 甲州印伝新作フェア

手間と時間がかけられているブランド印伝。

大正10年(1582年)創業。江戸時代、遠祖上原勇七が鹿革に漆付けをする独自の技法を提案。伝統の柄を大切に守り伝えると同時に、常に新しい感覚の模様、意匠の開発に取り組んでいます。
 
◼️ 場所:6階 和装小物売場
◼️ 期間:1月7日(木)〜12日(火)
 

「みその」 心の空模様に、彩を添える紫陽花模様


 

長財布

28,600円

 


 

ショルダ-バック

40,150円

 

「SARAMAS(サラマス)」 時を越えていま、印伝とダマスク柄が新たに出会う


 

ショルダ-バック

68,200円

 


 

手提げバック

84,700円

 

お問い合わせ

《 浜屋の新着情報 》