終了しました

薩摩切子展

まぼろしのガラス細工『薩摩切子』は、西洋のカットガラスの技法を取り入れつつ日本的な繊細さを感じさせる江戸末期の薩摩に生まれた伝統工芸品です。
 
約30年前に120年の時を経て復刻された伝統の技は、細やかな模様やぼかしといった細工が施されており、薩摩ガラスや薩摩ビードロとも呼ばれます。
 
往時の意匠の伝匠のものをはじめ、現代のライフスタイルに合わせて作られたものまで薩摩切子の数々を多数展示いたします。
薩摩切子が魅せるうつろいの色彩美の世界をお楽しみください。
 
■期間:2月7日(水)~13日(火)
■場所:8階美術ギャラリー
 
 

お問い合わせ

《 浜屋の新着情報 》