終了しました

高野屋貞弘 お盆菓子限定販売会

ご先祖様へ、心込めて。

華やかな平安文化のなかで芽生えた京菓子は、皇室を中心とした王朝文化、神社仏閣の儀式用、茶道の隆盛に伴うお菓子として磨き抜かれ、受け継がれてきました。
昭和2年に京都・五条大橋東側に開業した高野屋貞弘は、熟練菓子職人の丁寧な手仕事で、京菓子のなかでは引き立て役とも言われる半生菓子に注目し、様々な素材と技法を詰め合わせることで、半生菓子を確立させた「さきがけ」と言われております。
ひとつひとつが手作りで作られる半生菓子は、四季折々の風物をかたどった色鮮やかなひとしな。
お盆のお供え物としていかがでしょうか?
 
■ 場所:地階 菓子売場特設コーナー(エレベーター横)
■ 期間:8月12日(日)まで
 

京の半生菓子「お好み詰合せ」

1,080円

 

 

お問い合わせ

《 浜屋の新着情報 》